スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.06.08 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ADHD診療いってきました

    0
      JUGEMテーマ:ADHD

      本日かねてより疑っていたADHDなのかどうか診てもらいに病院いってまいりました。
      その結果、ADHDというより広汎性発達障害があってその中にADHDが含まれている可能性があるという診断でした。なるほど。

      ただ、一点気になったのが、ある条件下で特定の処理をしなければならない状況下において、その処理をすることができない。なぜならその条件になっても特定の処理をする必要があるというトリガーがこないと伝えたところ、

      「状況の理解ができないんですね」

      と言われた。ちょっと違うんですよね。理解できないんじゃないんですよね。むしろ「理解しようとしない」の方が近いのです。ただこれも正確ではないです。「理解しようとしない」と言うと僕の意志でそうしている感じがしますが、僕の意志はありません。

      例えば服を着るとき普通は後ろ前に着ないですよね。ほとんどの人は仮に後ろ前に着たら違和感を感じて気づくと思います。
      僕は感じないのです。感じようと意識をむければ違和感を感じて後ろ前に来ているという状況を理解できます。おそらくほとんどの人は一々そんなこと考えてないんじゃないでしょうか。


      こういう身近で単純なこと(服を後ろ前に着る)であれば僕もさすがに滅多にないのですがそれでも稀にあります。クリーニングから戻ってきた服だとタグを付けっぱなしで着てたりするのはよくあります。

      タグが付いてて何とも思わないの?って聞かれますが、「なんとも思わない」というのもちょっと違っています。まず前提としてタグの存在は知っています。その上でなんとも思わないというのは、付いててもいいやという判断があって「なんとも思わない」となるのだと思うのですが、
      その判断するというトリガーがかからないというのが正しいところです。

      なので友達とかからタグ付いてるよと指摘されるとその時に判断の処理が行われて、タグを取ることになります。「なんとも思わない」という判断をしているのであればおそらく友達に言われたから取るということにはならないでしょう。

      まあ、正常な人にはたぶん理解できない世界なんじゃないかなあと思いました。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.06.08 Wednesday
        • -
        • 16:44
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        Ad

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        BitTeaser